色彩検定2級独学で1か月間勉強して一発合格した方法をまとめます!

本記事は、色彩検定2級を独学で受験する際に役立った書籍やアプリの紹介と勉強方法についてまとめました。

前回の記事で色彩検定2級の概要と試験の感想について書いたのですが、いまいち分かりづらかったので、受験者さんが利用しやすいように要点をまとめます。

色彩検定2級の難易度について

受験をする前に気になるのが難易度だと思うのですが、色彩検定2級の難易度はそれほど高くありません。

色彩検定2級の平均合格率は毎年60%を超えています。実際に私が独学で受験した際には、1か月間1日1時間の勉強で約30時間で90%を超える正答率で合格できました。

過去に私が受験した資格と比較すると「漢字検定3級」「危険物乙四類」と同じくらいの難易度だったと思います。

テキストを読んで一つ一つ理解しながら問題集を解くことで合格できるので、焦らずに勉強していきましょう!

色彩検定2級を独学で合格した際のスケジュール

まずは公式サイトで受験日を確認して申し込みをしましょう。

私はあまり記憶力が良い方ではないので、長期間勉強することに向いていません。そのため、受験日の1か月前から1日1時間ほど勉強を始めました。

初日は、購入したテキストを一通り眺めてだいたいの内容を確認します。「この章ではこういうことやるんだ」「こんな色あるんだ」といった感じでザックリ流し読みです。

2日目からは1日1章ずつ読んでいき、太字部分や重要そうな部分にマーカーを引きます。覚えておきたい部分は別途ノートに書きこんでいきました。

全ての章が終わると試験まで残り2週間くらいになるため、そこからは毎日問題集を解きます。間違えた部分は解説をよく読んで、その日の終わりにもう一度勉強するようにしました。

最後の週は、模擬問題や過去問題集で試験と同じ内容のものを解いていきます。50分くらいで試験の解答と丸つけが出来るので、残りの時間で間違えた部分を覚えていきます。

また、慣用色名についてはアプリを利用してスキマ時間に勉強しました!

色彩検定2級を独学で勉強する際に必要なテキスト

書店にて色彩検定2級のテキストを比べ読みをして「これいいな!」と思ったものや、試験勉強をする際に利用したテキストについてまとめます。

公式テキストは問題集がついていないため、問題集はセットで購入することがおすすめです。内容の理解ではなく資格を取るだけで十分と考えている方は、問題集のみでもいいかもしれません!

A・F・T 色彩検定公式テキスト2級編

色彩検定2級の公式テキストです。試験内容はこのテキスト以外からは出題されないらしいため、独学で学ぶ際には必須となる一冊です。

実際に試験会場で試験前に勉強している人の6~7割くらいはこの公式テキストを読んでいました。

色彩検定2級の学習には最適なのですが、試験問題は載っていないため問題集をセットで購入することをおすすめします!

色彩検定過去問題集 2級・3級

色彩検定の2級・3級の公式過去問題集です。公式テキストと組み合わせて利用することをおすすめします。

また、過去の問題を解くことで、同じ内容の問題や出やすい問題が分かると思います。こういった問題を確実に覚えていくことが合格への近道です。

繰り返して問題を解くことで覚えることができるので、少なくとも2回は問題集を解くようにしましょう!

色彩検定2級 本試験対策

多くの学習書籍を出版している「学研」の色彩検定2級問題集です。公式問題集を解いた後に仕上げで勉強したい方や多くの問題を解きたい方におすすめの一冊です。

この問題集は引っかけ問題がある程度用意されているため、実際の試験に近い形で勉強することが出来ます。

また、覚えておくべきポイントと問題集が見開きで配置されているため、効率よく勉強したい人におすすめです。

わかる!色彩検定2・3級問題集 A・F・T最新テキスト対応

2級と3級を併願受験する際に利用したい一冊です。色彩検定2級の公式テキストで分からない部分が出てきた場合に3級の知識を復習することが出来ます。

また、2級を受けるか3級を受けるか決めていない場合に、とりあえず購入するという方におすすめです。

色彩検定2級を勉強する際に役立ったアプリ

受験前はいつでもテキストを持ち歩ければいいのですが、なかなかそういう訳にもいかないと思います。

そこで無料で使える学習アプリを使って、待ち時間や移動時間などのスキマ時間を有効活用しましょう!

慣用色名を覚えよう!~色彩検定対策~

慣用色名を覚えよう!~色彩検定対策~

慣用色名を覚えよう!~色彩検定対策~
無料
posted with アプリーチ

「慣用色名を覚えよう!」では、色彩検定2級と3級に出てくる慣用色名が収録されています。

色の名前を4つの選択肢から選んでいく問題集で直感的に学習することが出来るため、ぜひインストールして欲しいアプリです!

色彩検定では必ず慣用色名の問題が出題されているので、このアプリで十分に対策することができます。

初めは似た色の違いが分からないかもしれませんが、何度も解くことで次第に違いが分かってきます。

おわりに

色彩検定2級は幅広いジャンルの「色」に関する知識が必要ですが、焦らずに一つ一つ理解すれば合格できます。

少しずつ勉強して覚えていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加