色彩検定2級受験時に覚えておきたいマンセル表色系と色の表示方法について

本記事では、色彩検定2級を受ける際に最低限覚えておきたいマンセル表色系と色の表示方法についてまとめました。

私が受験する際に作成した勉強ノートから抜粋しているので、受験の際の参考に使用してもらえれば嬉しいです!

色の表示方法

マンセル表色系について

アメリカ美術教育者マンセルが考案し、アメリカ光学会(OSA)が改良した色の表し方です。

色の三属性(色相、明度、彩度)によって物体の色を表示する方法で、それぞれ見た目で等間隔に感じられるように整理されてます。

日本工業規格(JIS)や多くの工業・産業でマンセル表色系を採用しています。

マンセル表色系の表示方法

マンセル表色系では、以下の3つの属性で色を区別しています。

色相 ヒュー Hue
明度 バリュー Value
彩度 クロマ Chroma

また、各々のアルファベットの頭文字(H、V、C)を利用して、HV/Cと表示します。

色相(Hue)

マンセルの色相は、赤、黄、緑、青、紫の5つを基本色相としています。

色相を表示する際には、赤(Red)、黄(Yellow)、緑(Green)、青(Blue)、紫(Purple)の各々の頭文字から、RYGBPを利用します。

また、中間色を表す際には各々の頭文字から、黄赤(YR)、黄緑(GY)、青緑(BG)、青紫(PB)、赤紫(RP)とします。

マンセルの色相環は、これらの基本色相と中間色相の10色相を中心としています。また、これを10分割して100色相として利用します。

引用元 : 武蔵野美術大学 造形ファイル

マンセルの色相環は5番目が代表色相となります。例えば赤色(R)の場合、5Rが代表色相です。

また、色相環は時計回りに大きくなるように番号が振られています。そのため、赤色の場合は、1Rが紫色に近く、10Rが黄色に近い赤色となります。

また、色相環の向かい合う色を補色といいます。マンセルの色相環の場合は、混合すると無彩色になる物理補色となっています。

資格試験では補色を問う問題があるため、色相環は書けるようにしておいたほうがいいです。RYGBPを各々先に書いて、中間色を入れて円形にする練習をしておきましょう。

明度(Value)

明度は、色の明るさの度合いの数値です。明るい、暗いを白に近いか黒に近いかで表します。

マンセルの明度は、理想的な黒を0、理想的な白を10とします。その間を見た目が等しい間隔になるように11段階に分けています。

実際に物体色として表せるのは、1~9.5の範囲です。

私は目で見て判断できるのは1から9.5で、理論的には0から10に分けていると覚えました。試験にも出やすいため、間違えずに覚えましょう!

彩度(Chroma)

彩度は色みの強さや、あざやかさの度合いを数値にしたものです。色が濃いほど彩度の数値が高くなります。

彩度の値は色相によって異なります。赤(5R)の最高彩度は14、青紫(5PB)の最高彩度は10となっています。

マンセル色立体は色相の最高彩度が異なるため、「いびつな形」になっています。

色の表示方法

マンセルの色の表示方法は、「色相(H) 明度(V) / 彩度(C)」で表示します。

色、明るさ、鮮やかさの順番です。間違えないように注意しましょう!

無彩色の場合

無彩色は、色相がなく彩度が0の色(黒、白、灰色)のことです。色相・彩度がないため、明るさのみで表示します。

灰色の場合は「N6」と表示します。Nはニュートラル(Neutral)の略です。

有彩色の場合

有彩色は、無彩色と異なり色相がある色です。HV/Cで色の表示を行います。

赤色の場合は「5R 5/14」と表示します。この場合は、赤の代表色相の5R、明度が5、彩度が14の色となります。

おわりに

今回は、マンセル表色系についてのポイントをまとめました!特に赤字、黄色マーカーは試験によく出る部分なので覚えておいてほしいです。

まずは、HVCがそれぞれ何を表しているか、各々の最高値、色相環がどのようなものかを理解していきましょう。

また、10色相の色相環は試験中に書けるようにしておくといいと思います。

以上で表色系のポイントはおしまいです。お疲れさまでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加