2017年の年間ベストセラー書籍1位から10位のリスト

本記事は大手出版取次のトーハンが発表した2017年の年間ベストセラーを基にして各書籍についてのまとめを作成しました。

私はジャンルを問わずに様々読んでいますが、いくつか読んでいない本もあります!

本記事では、ベストセラーのうち1位から10位までを紹介します。

はじめに

2017年の書籍年間ベストセラーが今年も発表されましたね!毎年毎年、その年の売れた本は必ず読んでいるんですがどれもとても面白くて読みごたえがあります。

今年は「九十歳。何がめでたい」が一番楽しく読めたかなと思います。また、「うんこ漢字ドリル」は発想が斬新で個人的に好きです。

今回は、2017年の今年の一冊を知りたいという方に著者と書籍の情報をまとめました。

1位 九十歳。何がめでたい

日々の生活や社会問題をズバズバと歯に衣着せぬ物言いで書ききったエッセイです。著者は大正12年生まれの92歳の佐藤愛子さん。

長年の経験を活かした視点で悩める若者を鼓舞するこの本は、不思議な温かみとユーモアがあって心が晴れます!

28編のどこから読んでも笑うことが出来る本なので、スカッとしたい人や元気を出したい方におすすめです!

2位 伝道の法 ~人生の「真実」に目覚める時~

人が生きる意味や死後の世界についての価値観を中心に宗教的な話や政治的な話が書かれた本です。

著者は幸福の科学グループの総裁の大川隆法さん。社会問題と宗教問題を絡めており、分かりやすく読みごたえがあります。

自己啓発や大きな視点で物事を見る方法が紹介されているため、自分がダメだなと思う方や仕事に悩んでいる方におすすめです。

3位 蜂蜜と遠雷

ピアノコンクールを舞台に音楽と演奏、人間の才能と運命を書いた青春群像小説です。

著者は「夜のピクニック」や「ユージニア」などで賞を受賞した恩田陸さん。ストーリーは王道ですが失速せずに最後まで集中して読むことが出来ます。

クラシックに詳しくない方でも楽しむことが出来るので、小説でピアノの世界に飛び込んてみたい方におすすめです。

4位 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

中国や韓国で深く根付いている儒教を中心として各国の政治と宗教、国民の価値観などを書いた本です。

著者は企業コンサルタント・弁護士として有名なケントギルバートさん。反日プロパガンダに対して冷静な分析をしていると思います。

日本以外の国の考え方や言動、思考パターンなどを整理して読むことができるので、現在のアジアの国々を学びたい方におすすめです。

5位 おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

「ざんねん」な生き物にスポットを当てた何とも愛おしい生き物たちの姿をまとめた児童書です。

著者は「ねこの博物館」館長の今泉忠明さん。国立科学博物館で哺乳類の分類学・生態学を学んでいらっしゃった方です。

イラスト、コメントがとても面白いため、本が嫌いな子供でも楽しく読むことができます。お子さんやお孫さんへのプレゼントとして最適な一冊です。

6位 日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル

前例文中に「うんこ」を使った全体未聞の漢字ドリルです。面白いだけでなく、漢字がしっかり身につきます。

出版社は生活に関する様々な本を出版する文響社さん。企画発売後、「そ、そんなに売れたの…! ?」と驚いているそうです。

「勉強することは辛いことじゃなく、楽しいこと」笑顔で勉強して欲しいと考えている方におすすめの一冊です。

7位 騎士団長殺し

様々なモチーフやネタをちりばめた合計1000ページを超える長編ファンタジー小説です。

著者は「ノルウェイの森」や「ねじまき鳥クロニクル」で有名な村上春樹さん。騎士団長殺しは4年ぶりの書下ろし長編となります。

毎年、日本で最もノーベル賞に近い男として取り上げられているため読書が好きな方や長い小説を読みたい方におすすめです。

8位 応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱

日本史の中でも有名な「応仁の乱」を最新の研究成果を基にして新しい視点で検証した一冊です。

著者は国際日本文化研究センター助教の呉座勇一さん。知名度はあるけど、実態はよく知られていない大乱を整理しています。

裏切りに次ぐ裏切り、昨日の友は今日の敵になる混沌として複雑な世界があったことを知ることが出来ます。アウトレイジのような世界が好きな方におすすめな一冊です。

9位 新・人間革命

創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」をつづった民衆凱歌の大河小説です。

著者は宗教家の池田大作さん。山本伸一は池田大作さんのペンネームであり、本書は長く続くシリーズの第29巻目になります。

古くからの釈迦の教えの解釈や仏教についての世界観を広げたい方におすすめです。

10位 モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット

2017年一番売れたダイエットの本です。近年話題になっている1分でできる体幹トレーニングを分かりやすく解説しています。

著者はパーソナルトレーナの佐久間健一さん。モデルから一般人まで幅広くボディメイクを行っています。

ダイエットしたい方だけでなく、内臓脂肪を減らしたい方や体重ではなくスタイルを変えたい方にもおすすめです。

おわりに

気になった一冊はありましたか?ベストセラーの本は意外と様々なジャンルの本があって面白いですよね。

今回は取り上げなかったのですが、11位から20位は以下のようになっています。気になった本があれば、ぜひ読んでみてください!

2017年の年間ベストセラー書籍11位~20位

11位 ハリーポッターと呪いの子

12位 どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

13位 はじめての人のための3000円投資生活

14位 コーヒーが冷めないうちに

15位 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい

16位 君の膵臓をたべたい

17位 劇場

18位 か「」く「」し「」ご「」と「

19位 だるまさんが

20位 漫画 君たちはどう生きるか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加